【投資用不動産】ファミリー向け物件を選ぶメリット・デメリットについて

【投資用不動産】ファミリー向け物件を選ぶメリット・デメリットについて

投資用不動産は、単身者向け物件とファミリー向け物件の大きく2つに分かれます。

もちろん、どちらを選ぶかはオーナー次第ですが、仮にファミリー向け物件を選ぶ場合には、果たしてどのようなメリット・デメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ファミリー向け物件投資を成功させるためのポイントとあわせて解説します。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

ファミリー向け物件を選ぶことのメリット

ファミリー向け物件を選ぶことのメリット

ファミリー向け物件で不動産投資を行うメリットには、主に以下のことが挙げられます。

  • 入居者の属性が良くなりやすい
  • 入居期間が延びやすい
  • 好立地じゃなくても集客しやすい
  • 需給バランスが良い

入居者の属性が良くなりやすい

ファミリー向け物件は、単身者向け物件と比べて当然面積が広いため、必然的に賃料も高くなります。

また、賃料が高いということは、それだけきちんとした仕事に就き、十分な年収を得ている方しか入居しないということになります。
つまり、単身者向け物件と比べて、入居者の属性は良くなりやすいということです。

これにより、オーナーは賃料未払いなどのリスクを回避しやすくなります。

入居期間が延びやすい

ファミリー向け物件には、両親の他にその子どもも入居することになります。

また、子どもがまだ幼稚園児だったり、小学生だったりする場合、そのファミリーの入居期間は延びやすくなります。

なぜなら、ファミリー世帯は基本的に、子どもが途中で転校することを避けようとするからです。

例えば、小学1年生の子どもがいるファミリー世帯であれば、小中のあわせて9年間は退去しない可能性が高く、オーナーは長い間安定した賃料収入を得ることができます。

好立地じゃなくても集客しやすい

単身者向け物件の場合、アクセス環境の良さが重視される可能性が高く、好立地ではない場合は集客が難しくなります。

一方、ファミリー向け物件の場合、アクセス環境よりも周辺環境、治安の良さ、子育て環境などが重視されることが多いです。

つまり、一般的に好立地とは言えないエリアであっても、ファミリー向け物件は集客できる可能性があるということです。

また、ファミリーの中には、複数台の自家用車を所有する世帯もあり、このような世帯には、近隣に駐車場を確保しやすいことから、駅から離れた立地の方が好まれることもあります。

需給バランスが良い

近年、相続対策の動きが進んでいることから、都市圏ではニーズの高い物件として、単身者向け物件が多く新築されています。

しかし、この傾向が今後も継続すると、いつしか需要が供給に追い付かなくなり、不動産投資は暗礁に乗り上げてしまう可能性があります。

一方、ファミリー向け物件は、単身者向け物件と比べてそれほどニーズが高くないものの、良く言えば時代の流れに左右されず、一定のニーズを保っています。

つまり、ファミリー向け物件での不動産投資は、需給バランスが非常に良く、今後も安定した投資を続けていける可能性が高いということです。

ファミリー向け物件を選ぶことのデメリット

ファミリー向け物件を選ぶことのデメリット

今後ファミリー向け物件で不動産投資をしようと考えている方は、以下のようなデメリットがあることも理解しておきましょう。

  • ネット利回りが低い
  • 物件価格が高い
  • ライバルが多い

ネット利回りが低い

ファミリー向け物件で行う不動産投資は、規模の割に賃料を高額にするのが難しく、結果としてネット利回りが低くなりやすいです。

例えば、単純に単身者向け物件2戸分の面積を有しているからといって、2倍の賃料にすることは基本的にはできません。

また、その一方で税金、リフォーム費用などは高額になりやすく、こちらもネット利回りが下がってしまう原因の1つです。

物件価格が高い

何度も言うように、ファミリー向け物件は単身者向け物件と比べて、面積が大きいです。

また、共用部分などの設備も充実していることが多いため、どうしても物件価格は高くなってしまいます。

よって、初めて不動産投資をする方にとっては、少しリスクが高いと言えるでしょう。

まずは単身者向け物件を購入し、ある程度経営実績を残した上で、ファミリー向け物件を購入すれば、失敗する可能性は低くなります。

ライバルが多い

単身者向け物件のライバルとなるのは、基本的に周辺にある条件の似通った単身者向け物件のみです。

一方、ファミリー向け物件は、賃貸物件だけでなく、分譲物件もライバルになります。

また、分譲物件には、当然集合住宅だけでなく、一戸建ても含まれます。

つまり、ファミリー向け物件はライバルが多く、選ぶ前には相当なリサーチを行わなければいけないということです。

ファミリー向け物件投資を成功させるためのポイント

ファミリー向け物件投資を成功させるためのポイント

ファミリー向け物件投資を成功させるためのポイントとしては、まず広すぎる物件を購入しないことが挙げられます。

具体的には、間取りの上限を4LDKまでと考えておきましょう。

これ以上の広さになると、ニーズを持っている層が極端に減少してしまいます。

また、ファミリー向け物件投資を成功させるためには、その物件がある“校区”について詳しくチェックしましょう。

例えば、文教地区のようなエリアであれば、“人気の学校に通える校区”という理由だけで、多くのファミリー層を集められる可能性があります。

もちろん、このような人気の校区であれば、ある程度相場より賃料を高く設定できることも考えられます。

ちなみに、ファミリー向け物件投資で成功するには、設備に関するポイントも押さえておかなければいけません。

ファミリー層が必要としている設備は、単身者のそれとは大きく異なります。

具体的には、以下のような設備を設置することで、有利に経営を進められる可能性があります。

  • 浴室乾燥機
  • 追い炊き機能付き給湯器
  • 浴室暖房
  • 床暖房
  • ホームセキュリティー
  • テレビ付きインターホン など

今回の記事のポイントを整理!

 

今回の記事のポイントは以下になります。

  • ファミリー向け物件は属性が良くなりやすい上に、入居期間も延びる傾向にある
  • ファミリー向け物件は、駅チカ等の好立地でなくても入居者が集まる可能性がある
  • 物件価格が高く、ネット利回りも低くなりやすいのがファミリー向け物件の欠点
  • 賃貸物件だけでなく、戸建て物件を含む分譲物件もライバルになるのがネック

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

【投資用不動産】ファミリー向け物件を選ぶメリット・デメリットについて
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG