【投資用不動産】キッチンの種類別メリット・デメリットを知っておこう

【投資用不動産】キッチンの種類別メリット・デメリットを知っておこう

投資用不動産を購入する際には、設置された設備にも注目する必要があります。

特に、水回りは入居者が注目しやすいポイントであり、中でもキッチンは入居者付けに大きく影響する設備のため、チェックは欠かせません。

今回は、キッチンの種類別メリット・デメリット、各キッチンで集めやすい入居者の特徴について解説します。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

キッチンの種類別メリット・デメリット

キッチンの種類別メリット・デメリット

投資用不動産に設置されているキッチンの種類は、大きく以下の5つに分かれます。

  • Ⅰ型キッチン
  • Ⅱ型キッチン
  • L型キッチン
  • U型キッチン
  • アイランド型キッチン

Ⅰ型キッチンのメリット

シンクとコンロが真っ直ぐに配置されているキッチンを“Ⅰ型キッチン”といいます。

すべてのキッチン設備が横一列に配置されているため、余分な幅を取らず、調理の際の作業効率が良いところがメリットです。

Ⅰ型キッチンのデメリット

Ⅰ型キッチンのデメリットとしては、調理スペースが狭いということが挙げられます。

物件によっては、シンクとコンロの間の調理スペースがほとんどない場合もあります。

Ⅰ型キッチンで集めやすいターゲット

I型キッチンが設置された物件では、とにかく作業効率を重視する単身者などのターゲットが集まりやすくなります。

Ⅱ型キッチンのメリット

シンクやコンロ、調理スペースが2列に分けて配置されているキッチンを“Ⅱ型キッチン”といいます。

コンパクトで作業効率が良い上に、2列に分かれていることで、調理スペースをしっかり確保できるところがメリットです。

Ⅱ型キッチンのデメリット

Ⅱ型キッチンは2つの面を行き来して作業するため、通路が汚れやすくなったり、振り返る動作が増えたりすることがデメリットです。

Ⅱ型キッチンで集めやすいターゲット

Ⅱ型キッチンが設置された投資用不動産であれば、分担作業ができるキッチンが欲しいカップル、DINKs世帯などのターゲットが集めやすいでしょう。

L型キッチンのメリット

上から見た形がアルファベットのLの字になっているキッチンを“L型キッチン”といいます。

Lの字の左右の端に、シンクとコンロがそれぞれ設置されていて、折れ曲がっている部分が調理スペースになっているケースが多いです。

また、複数人で調理をする場合でも、互いの動線がかぶりにくいというところが大きなメリットです。

L型キッチンのデメリット

L型キッチンは調理スペースも広々としていますが、Lの字に折れ曲がっているため、どうしてもある程度のデッドスペースが生まれてしまいます。

また、折れ曲がっている部分に電子レンジや調味料などを置くと、当然調理スペースは少し狭くなります。

L型キッチンで集めやすいターゲット

L型キッチンがある投資用不動産は、広々としたキッチンを望んでいる主婦の方に受けが良いため、ファミリー世帯を集めやすくなるでしょう。

U型キッチンのメリット

アルファベットのUの字のように、折り返された形のキッチンを“U型キッチン”といいます。

3方向がカウンターで囲まれる状態で調理できるため、作業効率が良く、なおかつ収納スペースも豊富に設けられていることが多いです。

U型キッチンのデメリット

U型キッチンには、折り返された部分が2ヶ所あり、その部分は調理スペースとして使いづらくなるというデメリットがあります。

U型キッチンで集めやすいターゲット

U型キッチンが設置された投資用不動産であれば、家族複数人での料理をしたいファミリー世帯、親子二世帯の家族などが、入居者として集まりやすくなります。

アイランド型キッチンのメリット

壁に接しておらず、島(アイランド)のような形状になっているキッチンを“アイランド型キッチン”といいます。

キッチンの周りを自由に歩くことができるため、開放感があり、作業スペースも極めて広いのがメリットです。

アイランド型キッチンのデメリット

アイランド型キッチンは、しっかりと他の部屋と区切られていないことがあり、この場合は料理の際に跳ねた油や水がリビング、ダイニングを汚してしまうことも考えられます。

アイランド型キッチンで集めやすいターゲット

アイランド型キッチンがある投資用不動産では、LDK空間をおしゃれにまとめたいファミリー世帯が集まりやすくなります。

また、投資用不動産をシェアハウスとして貸し出す場合は、友人同士で会話しやすいアイランド型キッチンが好まれるでしょう。

キッチンに設置されたパーツもチェックしよう

キッチンに設置されたパーツもチェックしよう

投資用不動産を購入する際は、自身が狙うターゲットを明確にした上で、それに合ったタイプのキッチンを選ばなければいけません。

また、キッチンを選ぶ際は、形状だけでなく構成されるパーツについてもチェックする必要があります。

具体的には、以下の通りです。

  • レンジフード
  • ウォールキャビネット(吊戸棚)
  • シンク
  • 水栓
  • コンロ
  • キャビネット(収納スペース)
  • 食洗機 など

例えば、ファミリー世帯をターゲットにしたいのであれば、キャビネット等の収納スペースが豊富なキッチンを選ぶ方が良いです。

食洗機が付いていれば、なお喜ばれるでしょう。

また、コンロに関しても、何口ついているのか、ガスコンロなのかIHなのかといったさまざまなチェックポイントがありますし、レンジフードも深型や薄型、浅型といったたくさんの種類があります。

これらのチェックを怠ると、思いの外入居者受けが良くなかったり、入居期間が短くなってしまったりする可能性もあるため、注意しましょう。

ちなみに、投資用不動産の購入後にキッチンをリフォームすることも可能ですが、システムキッチンをフルリフォームする場合は50~150万円の費用がかかります。

よって、購入時点である程度欲しいパーツが揃っている物件を購入する方が、イニシャルコストは削減できます。

今回の記事のポイントを整理!

【まとめ】キッチンの種類別メリット・デメリットを知っておこう

今回の記事のポイントは以下になります。

  • Ⅰ型キッチンは単身者を集めたいオーナーにおすすめ
  • Ⅱ型キッチンはカップルやDINKs世帯を集めやすい
  • L型キッチンはファミリー世帯を中心に集めたいオーナーにおすすめ
  • U型キッチンは親子二世帯の家族も入居者として集められる
  • シェアハウスをする方にはアイランド型キッチンがもっとも人気

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

【投資用不動産】キッチンの種類別メリット・デメリットを知っておこう
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG