不動産売却を行う主な理由をランキング形式で紹介します!

不動産売却を行う主な理由をランキング形式で紹介します!

現在マイホームを所有し、特に売却する予定がない方であっても、今後どうなるかはわかりません。

では、不動産売却を行う主な理由には、一体どのようなことが挙げられるのでしょうか?

今回は、不動産売却を行う理由をランキング形式で紹介しますので、興味がある方は最後までご覧いただけると幸いです。

この記事は約10分で読めます。

- PR -

不動産売却を行う理由ランキングTOP10

不動産売却を行う理由ランキングTOP10

現在マイホームを所有する方は、以下のいずれかの理由で売却する可能性が高いです。

1つずつ順番に見ていきましょう。

  • 10位:結婚
  • 9位:転職、子どもの進学
  • 8位:子どもの独立
  • 7位:介護
  • 6位:家族との同居
  • 5位:離婚
  • 4位:転勤
  • 3位:資金の捻出
  • 2位:ローン返済
  • 1位:住み替え

10位:結婚

独身時代にマイホームを購入していた方は、結婚することを機に不動産売却を行うことがあります。

単身者用とファミリー用の物件は、広さや設備、機能などに細かい違いがあるため、利便性を考慮して買い換えを図る方は多いです。

このとき、売却する不動産が築年数の浅いものであったり、高性能なものであったりすると、好条件で売却することができ、住み替えはスムーズに進みます。

9位:転職、子どもの進学

マイホームを所有する方自身やその配偶者が転職をしたり、子どもが進学したりしたときに、現在の住居では交通の便が悪くなってしまうことがあります。

このようなケースでも、不動産売却を行い、よりアクセス環境に優れた物件に移り住むことがあります。

8位:子どもの独立

子どもが独立し、夫婦2人だけの生活になると、空き部屋なども増え、家が広く感じることがあります。

このような場合に、コンパクトなマンションなどに引っ越すため、マイホームを売却し、購入資金を得るという方は少なくありません。

7位:介護

介護を理由とする不動産売却には、大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

  • 介護費用を用意するための不動産売却
  • 親もしくは自身が介護施設に入居するための不動産売却
  • 在宅介護に適した家に転居するための不動産売却

これらのパターンがいくつか複合していることもあります。

6位:家族との同居

これまで別々に暮らしていた親、子どもなどの家族と同居することを理由に、不動産売却を行うというケースもあります。

例えば、子ども世帯に親世帯が同居することになった場合、親世帯の物件は空き家になるため、賃貸に出すか売却するかどちらかを選択します。

このとき、老朽化が激しかったり、賃貸ニーズが少ないエリアにあったりする物件の場合は、売却して手放すのが一般的です。

5位:離婚

結婚が理由の不動産売却があれば、当然離婚が理由の不動産売却もあります。

離婚の際は、預貯金や不動産などの財産分与を行います。

このとき、結婚後に夫婦で築き上げた財産については、1/2に分けるのが一般的ですが、離婚後の不動産に夫、妻のいずれも居住しない場合、売却して現金化し、それを分配とするというケースがよく見られます。

4位:転勤

転勤により、勤務先が遠隔地になってしまったことが理由で、泣く泣くマイホームを売却するというケースもあります。

もちろん、家族で居住する場合は、転勤する夫のみが単身赴任し、残った家族が所有物件に住み続けるということもあります。

ただし、最初から転勤期間が長期になるとわかっている場合は、思い切って不動産を売却し、家族で転勤先の近くに転居するというケースが多いです。

3位:資金の捻出

借金などがかさみ、どうしても資金繰りが厳しくなってしまったときに、不動産を売却して資金を捻出するというケースもあります。

具体的には、不動産を売却して返済などを済ませた後、賃貸物件などに移り住むというケースです。

しかし、借金などを抱えていた過去がある方は、賃貸物件の審査に通過しにくくなる傾向にあり、不動産売却後に住まいが確保できない可能性もあるため、このような決断は慎重に行わなければいけません。

2位:ローン返済

不動産を購入する方のほとんどは、自己資金だけでなく、住宅ローンによって調達した資金もあわせて購入します。

また、住宅ローンを組む際は、無理なく返済できるように融資額や金利、返済期間などを考慮しますが、必ずしも予定通り返済できるとは限りません。

例えば、返済途中で収入が少なくなったり、身体を壊したりしてしまうと、返済は苦しくなってしまいます。

団体信用生命保険などに加入していれば話は別ですが、未加入の方はこのような場合に、不動産を売却してローンを返済しようと考えることがあります。

ただし、住宅ローンが残っている不動産には抵当権が設定されているため、売却するには売却益+自己資金で残債を完済しなければいけません。

ちなみに、売却益+自己資金で残債を完済できない場合は、任意売却も視野に入れる必要があります。

1位:住み替え

不動産売却におけるもっともポピュラーな理由は、やはり住み替えです。

こちらは、特別な理由があることによるものではなく、単純に今の住居より良い家に移ることを目的としています。

もちろん、住み替えの根本的な理由には、子どもが成長したり、新しい子どもが生まれたりして、家が手狭になってきたことなどがありますが、シンプルに経済的な余裕が出てきたことにより、住み替えを行うというケースも多いです。

ネガティブな売却理由の伝え方について

ネガティブな売却理由の伝え方について

前述の通り、不動産売却にはさまざまな理由がありますが、離婚やローン返済が難しくなったことなど、ネガティブな売却理由については、買主にそのまま伝えても良いのでしょうか?

結論から言うと、これらのプライベートな事情については、必ずしも伝える必要はありません。

ただし、雨漏りや建築制限、騒音や振動、事故物件など、何かしらの瑕疵がある物件を売却する場合は、その旨を買主に伝える必要があります。

今回の記事のポイントを整理!

【まとめ】不動産売却を行う主な理由をランキング形式で紹介します!

今回の記事のポイントは以下になります。

  • 子どもが独立し、部屋が広くなったことを理由に、不動産売却をする方は多い
  • 離婚時は、不動産を売却して現金化し、財産分与を行うケースがよく見られる
  • 住宅ローンが残っている不動産には抵当権があるため、残債を完済しなければ売却できない
  • 住み替えを理由に不動産売却をするケースがもっともポピュラー

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

不動産売却を行う主な理由をランキング形式で紹介します!
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG