不動産購入時の“つなぎ融資”における利点と欠点について

不動産購入時の“つなぎ融資”における利点と欠点について

不動産を購入する際は、大半の方が住宅ローンを利用しますが、注文住宅の購入時には、スムーズに融資してもらえない場合があります。

そんなとき、利用を検討したいのが”つなぎ融資“です。

今回は、不動産購入時に利用するつなぎ融資の概要、そして利点と欠点について解説していきます。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

つなぎ融資の概要

つなぎ融資の概要

主に注文住宅を購入する際、住宅ローンの融資が始まるまでの間、一時的に受け取る融資を“つなぎ融資”といいます。
住宅ローン受け取りまでの間を“つなぐ”ものであることが名前の由来です。

住宅ローンを利用する際には、自宅に抵当権を設定しますが、これは実際住宅が完成するまで実行できません。

ただ、注文住宅の建築工事費等、住宅が完成するまでに必要な資金は、住宅ローンの受け取りを待たずして支払う必要があります。

つまり、不動産購入時の必要資金を支払うために利用するのが、つなぎ融資というわけですね。

つなぎ融資の利点とは?

不動産購入時に利用するつなぎ融資の利点は、なんといっても費用面のサポートが早急に受けられるという点です。
具体的にいうと、自己資金に乏しい方でも、つなぎ融資を利用することで住宅を建てられます。

住宅ローンを利用して受け取れるのは、あくまで不動産の購入費用です。

そのため、それ以外の関連資金は買主が用意しなければいけませんが、つなぎ融資があれば、それほど無理をして自己資金から捻出する必要はありません。

つなぎ融資の欠点について

つなぎ融資の欠点について

不動産購入時に利用するつなぎ融資は非常に便利ですが、いくつかの欠点もあります。
まず、大きな欠点として挙げられるのは、金利の高さです。

通常の住宅ローンが、0.5~1.5%程度であるのに対し、つなぎ融資は3%前後が相場となっています。

また、つなぎ融資を利用するには、高額な手数料と印紙代も必要になります。

つまり、不動産関連費用の支払いをカバーするものといっても、数十万程度は自己資金がないと利用できないというわけですね。

もっといえば、大手金融機関でもつなぎ融資を取り扱っていないことがあるため、場合によっては、住宅ローンとつなぎ融資を別々の金融機関で申し込まなければいけません。

まとめ

【まとめ】不動産購入時の“つなぎ融資”における利点と欠点について

ここまで、不動産購入時に利用するつなぎ融資の利点・欠点を見てきましたが、いかがでしたか?

つなぎ融資は、自己資金に乏しい方の味方となる制度ですが、「簡単にお金が借りられる」と認識することはおすすめできません。

手数料は高額ですし、融資なので当然返済していくことになりますから、今後のことも考えた上で利用するかどうか判断しましょう。

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

不動産購入時の“つなぎ融資”における利点と欠点について
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG