【投資用不動産】学生をターゲットにした不動産投資で成功するコツ

不動産投資において、漠然と入居者を募集することは得策ではありません。

事前にしっかりとターゲットを絞り、その層が集まるような居住環境を整える必要があります。

今回は、学生をターゲットにした不動産投資で成功するために、オーナーが心掛けることについて解説したいと思います。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

学生をターゲットした不動産投資のポイント3選

学生たち

学生をターゲットに行う不動産投資は、収益性が高く、毎年必ずと言って良いほど一定の需要があります。

ただ、繁忙期でなければ入居者付けは難しくなりますし、ライバル物件も多いため、ポイントを押さえなければ簡単には成功しません。

よって、これから学生向け物件を経営する方は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 立地を重視する
  • 賃料を低く設定する
  • 学生に依存しすぎない

立地を重視する

不動産投資で学生をターゲットにする場合、立地にはこだわらなければいけません。

具体的には、周辺の大学や専門学校などに対し、徒歩あるいは自転車数分で通える距離の物件を選びましょう。

また、学生にとって欠かせない以下のような施設が、物件と学校の間にあるかどうかもチェックすべきです。

  • コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • 食品スーパー
  • 書店
  • 病院
  • ファストフード店 など

賃料を低く設定する

学生をターゲットにした不動産投資のポイントとしては、“賃料を低く設定する”ということも挙げられます。

もちろん、相場から大きく下げすぎると、オーナーの収入は減ってしまいますし、「何か問題のある物件なのでは?」と勘繰られてしまう可能性もあるため、これはおすすめできません。

あくまで、周辺の同じような条件の物件よりも、少しだけ低く設定するのがコツです。

学生に依存しすぎない

冒頭で、“不動産投資はターゲットを絞った方が良いという話をしました。

これは確かに正しいことなのですが、学生をターゲットにする場合は、独身の社会人の方も同時に取り込めるようにしておきましょう。

つまり、“単身者”というもう少し広い括りで、入居者を募集した方が良いということです。

もちろん、メインターゲットは学生なのですが、あまりに学生に依存しすぎると、繁忙期を逃した後、長い間空室ができてしまう可能性があります。

一方、独身の社会人の方もターゲットにすれば、秋口の人事異動の時期など、春先の繁忙期以外にも、空室を埋めるチャンスが生まれます。

また、このチャンスを確実に活かすためには、最寄り駅が近い物件など、ある程度独身の社会人の需要もあるエリアを選んでおくのが大切です。

学生が喜ぶ設備を設置するのも戦略の1つ

インターネット無料

学生をターゲットに不動産投資を行う場合、学生が喜ぶ設備を設置するのも良いでしょう。

もちろん、学生向け物件は安く貸し出すことがポイントであるため、それほど設備投資にコストはかけられませんが、以下のうち2~3つ程度は揃えておきたいところです。

  • 無料インターネット
  • カウンターキッチン
  • 室内物干し
  • 浴室乾燥機
  • ウォークインクローゼット
  • IHクッキングヒーター

では、これらの設備が学生に喜ばれる理由を見ていきましょう。

無料インターネット

無料インターネットは、学生にもっとも人気の設備と言っても過言ではありません。

入居した当日から、簡単にインターネットを楽しむことができるという環境は、スマホやオンラインゲームといったコンテンツを好む学生にとって必須でしょう。

カウンターキッチン

学生向けの投資用不動産といえば、ワンルームや1Kなどの間取りで、キッチンが壁側に付いているイメージが強いかと思います。

ただ、ライバル物件との差を付けたいオーナーは、カウンターキッチンの物件を選びましょう。

カウンターキッチンは、リビング側に向いているため、学生が遊びに来ている友達と会話しながら、料理や片付けをするのに向いています。

室内物干し

学生の中には、朝から夕方もしくは夜まで家を空けるという方も多く、そのような方は、曇っている日、なかなか外に洗濯物を干せません。

ただ、室内物干しがあれば、いつでも洗濯物を干すことができるため、学生には重宝されるでしょう。

また、防犯のことを考え、外に洗濯物を干したくない女性にとっても、室内干しはとても便利な設備です。

浴室乾燥機

浴室乾燥機は、浴室の天井部分についているものであり、室内で干すよりも早く洗濯物を乾かせます。

学生の中には、勉学とアルバイトを両立する方も多いため、すぐに必要な衣類だけ乾かせる設備は需要が高いです。

ウォークインクローゼット

学生向け物件の多くは、ワンルームや1K、広くても1DKなどの間取りです。

よって、それほど収納スペースは確保できないことが多いです。

ただ、ウォークインクローゼットがあれば、洋服以外のものも収納できますし、友達が遊びに来たときなどには、散らかった荷物を一旦おいておくことも可能です。

IHクッキングヒーター

学生のほとんどは、大学や専門学校への進学と同時に、初めて1人暮らしをします。

よって、これまで料理をした経験がないという方も多いです。

IHクッキングヒーターは、火を使わずに調理ができるため、料理経験が浅い学生にピッタリの設備です。

また、ガスコンロに比べて調理面がフラットであるため、掃除も楽にできます。

関連記事

投資用物件を購入する際は、立地や価格、規模などさまざまなポイントを考慮して選ぶ必要があります。 また、“入居者受けが良い設備”が付いているかどうかも、不動産投資を成功させるにあたっては重要なポイントでしょう。 ここからは、入居者[…]

【投資用不動産】入居者受けが良い設備がある物件を選ぼう

学生をターゲットにした不動産投資がおすすめの方

学生

学生をターゲットにした不動産投資は、ある程度空室が続くリスクを負いながら、高収益を目指したいという方におすすめです。

また、入居者付けに労力をかけられる方にも、学生をターゲットにした不動産投資には向いていると言えるでしょう。

繁忙期にしっかりと空室を埋めるためには、早い段階から宣伝広告を行い、アピールポイントを強調することが大切です。

関連記事

投資用不動産を購入する際は、事前にターゲットをある程度搾り、それに適した間取りや立地を選定します。 では、学生のみをターゲットにした“学生専用物件”で行う不動産投資には、一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか? できる[…]

【投資用不動産】学生専用物件で行う不動産投資のメリット・デメリット

今回の記事のポイントを整理!

学生

今回の記事のポイントは以下になります。

  • 学生をターゲットにした不動産投資では、とにかく立地にこだわるべき
  • ライバル物件よりも少しだけ賃料設定を低くするのがコツ
  • 学生に依存しすぎると、空室リスクが高くなってしまうため注意
  • 学生が喜ぶ設備を選んで設置するのもポイント
  • 学生向け物件投資は、ある程度リスクを負ってでも高収益を狙いたい方におすすめ

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG