【投資用不動産】不動産投資の相談はどこにすれば良い?

【投資用不動産】不動産投資の相談はどこにすれば良い?

投資用不動産の購入前・購入後には、物件選びや運営のコツなど、さまざまなジャンルの悩みを抱えるでしょう。

また、「悩みを相談できる人がいなければ不安…」という方も多いかと思います。

ここからは、不動産投資の主な相談先について、相談する際のポイントについて解説しましょう。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

不動産投資の主な相談先

不動産投資の主な相談先

投資用不動産購入前・購入後の悩みは、主に以下の企業や金融機関、人物に相談できます。

  • 不動産会社
  • 信託銀行
  • ファイナンシャルプランナー
  • 行政書士
  • 個人投資家

不動産会社

不動産投資における悩みの代表的な相談先といえば、なんといっても不動産会社です。

もちろん、一般の不動産会社でも良いのですが、できれば“不動産投資会社”に依頼するのが良いでしょう。

不動産投資会社は、投資用不動産を販売するだけでなく、購入後における物件運用のパートナーとなってくれます。

つまり、投資用不動産購入前の悩み、購入後の悩みのどちらにも対応してくれるということです。

相談可能な内容:不動産投資全般の相談(資金計画、入居者付け、空室対策など)

信託銀行

通常の銀行が行う“銀行業務”に加え、“信託業務”と“併営業務”を行っているのが信託銀行です。

信託業務とは、個人や企業から信託を引き受け、信託財産(現金、有価証券、不動産など)をあらかじめ定められた目的に従い、受益者のために管理・運用する業務を指しています。

つまり、信託銀行は、通常の銀行よりも不動産投資に精通しているということです。

よって、投資用不動産の購入前には、一度相談に訪れることをおすすめします。

相談可能な内容:不動産投資、不動産投資ローン、税金、投資全般などの相談

ファイナンシャルプランナー

現在から未来にかけての家計の収支を客観的な視点で評価し、適切なアドバイスをしてくれるのがファイナンシャルプランナーです。

わかりやすく言うと、”お金と生活のプロ“です。

ファイナンシャルプランナーには、主に投資用不動産を購入する前の悩みを相談することができます。

もちろん、投資や資産運用に強いファイナンシャルプランナーであれば、不動産投資自体の悩みも相談可能です。

相談可能な内容:投資用不動産購入資金の調達方法、収支計算、利回り計算、税金、保険などの相談

行政書士

公的な書類の作成業務、許認可申請の代理などを行うのが行政書士です。

また、不動産投資における金銭トラブルの相談にも対応してくれます。

弁護士に相談すると、1時間あたり5,000~10,000円程度の相談料がかかるのが一般的ですが、行政書士の場合、相談料を有料としているケースはほとんど見かけません。

よって、気軽に相談できるというところがメリットです。

相談可能な内容:不動産投資における金銭トラブル全般の相談(賃料滞納、敷金トラブルなど)

個人投資家

いきなり企業や金融機関などに相談にいくのは抵抗があるという方は、身近な個人投資家に相談するのも良いでしょう。

できれば、すでにある程度不動産投資で結果を出している方が好ましいです。

身近な個人投資家に相談することで、利害関係のないフラットな意見を聞いたり、アドバイスを受けたりすることができます。

相談可能な内容:不動産投資の初歩的な悩み・疑問、物件探し、不動産会社の選定方法など

その他の相談先について

その他の相談先について

上記の他にも、不動産投資に関する相談ができるところはあります。

必要に応じて利用しましょう。

相談内容 相談先
不動産投資のトラブル全般 ・不動産トラブル解決センター

・国民生活センター

・投資用マンション被害対策弁護団

不動産投資における詐欺被害 ・日本法規情報相談窓口案内サービス
不動産投資における税金トラブル ・税理士ドットコム

相談する際のポイント

相談する際のポイント

不動産投資の相談をする際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 相談内容を整理しておく
  • 調子の良いことばかり言う担当者は信頼しない
  • リスクに関する相談もする

相談内容を整理しておく

不動産投資の相談をする際は、相談先がどこであれ、必ず相談内容を整理しておかなければいけません。

例えば、これから投資用不動産を購入しようと考えている方は、以下のような悩みについて相談するケースが多いです。

  • そもそも、不動産投資とは何なのか?
  • 不動産投資を始めるための条件は?
  • 投資用不動産の価格は?
  • 費用がなくても不動産投資はできるのか?
  • どうやって物件を選べば良いのか?
  • 新築物件と中古物件、どちらを買うべきなのか?
  • 投資用不動産の管理はどうすれば良いのか?
  • 購入する投資用不動産の築年数は?
  • 中古物件をリノベーションする際の費用は?
  • 空室によってローン返済が苦しくなったらどうすれば良いのか? など

先ほど紹介した不動産投資の相談先は、基本的にどこも親身になって相談者の悩みを聞き、すべて加味した上でアドバイスをくれます。

ただ、場合によっては、調子の良いことばかり言う担当者に当たってしまうこともあるため、注意しましょう。

例えば、不動産投資会社に相談した際に、以下のようなことばかり言う担当者に当たった場合は、あまり信用しない方が良いかもしれません。

  • 自社の顧客は属性が高い人が多い
  • 自社は月々の成約件数が多い
  • 自身の経歴がすごい など

リスクに関する相談もする

これから投資用不動産を購入しようとする方の中には、不動産投資のメリットについて相談したいという方も多いでしょう。

ただ、良いところばかり知っても、不動産投資はうまくいきません。

不動産投資には、空室リスクや金利リスク、災害リスクや賃料値上げリスクなど、さまざまなリスクが存在します。

よって、不動産投資の悪いところについても相談しておくことをおすすめします。

今回の記事のポイントを整理!

【投資用不動産】不動産投資の相談はどこにすれば良い?

今回の記事のポイントは以下になります。

  • 不動産投資会社や信託銀行には不動産投資全般の相談ができる
  • ファイナンシャルプランナーに相談すれば資金計画について学べる
  • 行政書士は不動産投資における金銭トラブルに対応してくれる
  • 個人投資家からはフラットな意見が聞ける
  • 相談時は内容を整理し、不動産投資の良いところと悪いところを理解しようとする

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

【投資用不動産】不動産投資の相談はどこにすれば良い?
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG