【投資用不動産】アパートローンのよくある質問にお答えします

アパートローン

投資用不動産を購入する際、多くの方はアパートローンを利用して資金を調達します。

ただ、アパートローンを深く知らないという方の中には、今後不動産投資を始める際、利用するのが不安な方もいるでしょう。

今回は、あまりアパートローンの知識がない方によくある質問、疑問にお答えしますので、ぜひ参考にしてください。

この記事は約5分で読めます。

- PR -

Q.住宅ローンとの一番の違いは?

ローンの違い

アパートローンについてあまり詳しくない方は、そもそも“住宅ローン”との違いを理解していないことが多いです。

細かくいうと、これらのローンにはさまざまな違いがありますが、一番の違いはやはり融資を受ける“目的”です。
それぞれを比較してみましょう。

住宅ローン

住宅ローンは、居住用の土地や住宅を買ったり、住宅のリフォームを行ったりすることを目的に利用するものです。

つまり、投資用不動産を購入するためには利用できないということです。

アパートローン

アパートローンは、不動産投資を目的とした物件の購入や建築、増改築、借り換えを行うことを目的に利用します。

居住用不動産は融資の対象にはなりません。

ちなみに、“アパートローン”という名称ではありますが、アパート以外の投資用不動産も対象になります。

Q.利用時にはどこを審査される?

質問

アパートローンを利用する際は、住宅ローン同様審査に通過しなければいけません。

また、住宅ローンでは、利用者自身の属性を重点的に審査されますが、アパートローンの場合は、それプラス以下の点も重視されます。

  • 事業計画
  • 物件の収益性

事業計画

アパートローン利用時には、借入先金融機関に対して事業計画書を提出します。

また、この内容が無理のないものと判断されると、審査には通過しやすくなります。

具体的には、空室の発生などのリスクを想定しても、毎月安定した利益を挙げられるような計画になっているかが重要です。

物件の収益性

物件の立地が良く、なおかつ需要も高い場合、収益性は高いと判断されます。

また、収益性の高い物件がアパートローンの対象であれば、将来的に大規模修繕等の資金需要が見込まれたり、

不動産投資の規模を拡大したりする可能性があるため、金融機関の信頼度はアップし、審査に通過しやすくなります。

Q.アパートローンを比較するときはどこを見れば良い?

アパートローン

アパートローンも住宅ローンと同じく、さまざまな種類の商品があります。

また、利用時にはそれらの中から、もっとも自分に合ったものを選ぶ必要がありますが、比較する際は一体どこを見れば良いのでしょうか?

特にチェックすべきポイントとしては、以下の点が挙げられます。

  • 融資額
  • 借入期間
  • 金利
  • 返済方法
  • 繰り上げ返済の可否および手数料

融資額

アパートローンの融資額は、商品によって異なります。

これは、利用する金融機関によって事業性の評価方法、基準が異なることが理由です。

よって、1つの商品で希望通りの融資額が実現できなかったとしても、他の商品ではより多くの融資が受けられるというケースは十分あります。

借入期間

アパートローンにおける最長借入期間は、投資用不動産が新築の場合で35年間です。

また、借入期間が長ければ、それだけ利息の総支払額は大きくなりますが、月の返済額は少なくなるため、なるべく長期融資が受けられる商品を選びましょう。

金利

アパートローンは、借入先や商品によって金利にも差が出ます。

例えば、金利が1%や2%違うだけでも、最終的に支払う利息額には大きな違いが生まれるため、極力低金利のアパートローンを利用することをおすすめします。

返済方法

アパートローンの返済方法は、大きく以下の2つに分かれます。

  • 元金均等返済
  • 元利均等返済

“元金均等返済”は、毎月返済する金額のうち、元金の額が一定となる返済方法です。

元利均等返済に比べて元金の減少が早いのがメリットですが、返済開始当初の負担は大きくなります。

一方、“元利均等返済”は、毎月支払う金額が一定となる返済方法です。

常に一定の元金、利息を負担する方法のため、返済計画は立てやすいですが、同じ借入期間の場合は、元金均等返済よりも総返済額が多くなりますし、残高の減少スピードも遅いです。

自身がどのような返済を望んでいるのかを明確にした上で、適した方を選びましょう。

繰り上げ返済の可否および手数料

“繰り上げ返済”とは、毎月の返済額とは別に、まとまった額を返済する方法をいいます。

返済はすべて元本のみに充てられるため、その分支払い利息が少なくなり、総支払額を効率的に減らすことができます。

アパートローンを比較する際は、まずこの繰り上げ返済に対応しているかどうかを確認しましょう。

商品の中には、金利固定期間中の繰り上げ返済が制限されている場合もあります。

また、繰り上げ返済には手数料がかかりますが、この金額がなるべく少ない商品を選ぶことも重要です。

Q.好条件で融資を受けるにはどうすれば良い?

質問

好条件でアパートローンの融資を受けるには、必ず以下の2つのことを実践しましょう。

  • 有利になる書類を用意する
  • 提携ローンを利用する

有利になる書類を用意する

好条件での融資を引き出すためには、以下の書類を用意し、金融機関に収益性の高さをアピールすることをおすすめします。

  • 安い建築見積書
  • 高い賃料査定書

これらの書類があれば、利回りが良くなおかつコンスタントに高い賃料収入が得られる物件だということをアピールできます。

提携ローンを利用する

アパートローンを利用する際は、なるべく大手ハウスメーカー等の提携ローンを利用した方が、好条件での融資に繋がりやすいです。

例えば、ハウスメーカーが提携するメガバンクでアパートローンを利用すれば、無条件の金利優遇が受けられる可能性もあります。

今回の記事のポイントを整理!

アパートローン

今回の記事のポイントは以下になります。

  • 住宅ローンは居住用不動産、アパートローンは投資用不動産が対象の商品
  • アパートローンの審査では事業計画、物件の収益性が重視される
  • アパートローンは融資額、金利、返済方法、繰り上げ返済の有無および手数料等で比較する
  • ハウスメーカー等の提携ローンを利用すれば、無条件で金利優遇などが受けられる場合がある

以上のポイントはしっかりと頭にインプットしておきましょう!

投資用不動産の購入や売却、物件管理のご相談は当社エクステージジャパンフリーダイヤル、もしくは当社LINEアカウントまでお気軽にお問い合わせください。

営業時間/10:00~21:00(定休日/水曜日)

\ お気軽にご相談ください /
EXTAGE JAPAN 公式LINEアカウント

不動産投資が未来の安心をもたらすものでありますように。

エクステージジャパン オフィス

アパートローン
最新情報をチェックしよう!
- PR -
>投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

投資用不動産の購入・売却は「EXTAGE JAPAN」にお任せください。

弊社は、投資用不動産の売買仲介に特化したエキスパートとして、これまでに数多くの区分マンションの仲介をお手伝いさせていただきました。 その経験から培った豊富なノウハウやネットワークを活かし、お客様にご満足のいただけるよう安心と安全のお取引をお約束いたします。 投資用不動産の購入・売却をお考えでしたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。 弊社一同、ご連絡を心よりお待ちしております。

CTR IMG